Main image
19th 7月
2014
written by admin

夏休みに同棲している彼女と北海道に行ってきました。北海道に行って思ったのは、「北海道はやはり別の国だった」ということです。かつて太宰治は北海道の大地を踏んだときに「北海道も同じ日本じゃないか」と思ったそうですが、どこを見てそんなことを思ったのだろう。あいつはやはりひねくれている

北海道の気候

 

 

めちゃくちゃ広い大地と茂りまくってる樹木、そして川をのぞけばあふれんばかりにウグイがうじゃうじゃ。気候的には北海道のほとんどが亜寒帯湿潤気候に分類されるようですが、やはり涼しい。北海道でも夏はそれなりに暑いかと思いきや、涼しい!この時期に北海道に逃げられたのはラッキーだった。今度は北方領土、特に占守島に行ってみたい。終戦後にロシアが戦争をしかけてきて激戦が繰り広げられた土地だ。来年あたり早速行きたい!

Leave a Reply